鶏と卵の不思議

今日のスタジオゲストは、卵の仁光園の(稲元 貴信)さんでした。
小林アナ「関澤さん、今日のスタジオゲストを紹介して下さい」
関澤      「小林さん、お久しぶりです!約2ヶ月ぶりです。今日のゲストは、
卵の仁光園の稲元さんです」
小林アナ「稲元さん、ようこそ!どれくらいの鶏を、飼っていらっしゃいます
か?又、雄鶏と雌鶏の鳴き方の違いは有りますか?」
稲元さん「10万羽を越えると、獣医の常駐が義務づけられているため、9万羽です。
雄鶏はコケッーコッコー、雌鶏はコッコッコッコケッーコッコ次は、ギギギッーです」
小林アナ「最後のギギギッーは、何ですか?鶏舎はどこに有りますか?」
稲元さん「ギギギッーは、卵を産む時の鳴き声です」(大笑)
「鶏舎は小矢部の山奥にあります」
小林アナ「卵を産む時の鳴き声、分かるような気がします」(大笑)
関澤       「昔、鶏の解体したのを見た時、明日出る予定の殻付きの卵から、
殻が柔らかな物から段々小さくなり、約18個程数珠つなぎでした」
小林アナ「鶏舎は、雌鶏だけで雄鶏はいませんね」
稲元さん「雌鶏だけのはずですが、たまに鑑定のミスで雄鶏もいます」
小林アナ「その雄鶏は、どうなるのですか?」
稲元さん「生産の悪い雌鶏と同じ運命で、熊のエサになります」
小林アナ「熊は、そんなに近くに居るのですか?」
関澤       「約9万羽居ると、食べる量も凄いと思いますが、出る量は?」
稲元さん「1羽あたり約500g出しますから4、5トンになります。
半分は乾燥して袋詰めして鶏糞として売り、半分は田畑に撒きます」
関澤        「他の家畜の糞も同じですか?」
稲元さん「鶏糞、トン糞、牛糞、色々ありますが、牛糞は草食の為効果に?」
小林アナ「関澤さんのお陰で臭い話になりましたが、卵の殻の色の違いは?」
稲元さん「殻の色の違いは鶏の種類です。黄身の色は餌で何色にも可能です。
富山県には人口と同じ100万羽いますから、毎日食べて下さい」
関澤       「稲元さん、最後にもう一度、雄鶏と雌鶏の鳴き声をお願いします」
稲元さん「雄鶏はコケッーコッコー、雌鶏はコッコッコッコッコケッーコッコーです。会社の人の反応が怖いです」(笑)
「稲元さん、今日は有難うございました」

おすすめ記事

  1. 雨の日は、美術館めぐり
  2. 東京で活躍する『静物写真家』新明将太朗さん

関連記事

  1. 遅読術
  2. 秋の味覚「柚子とりんご」
  3. 小矢部道の駅ードッグラン
  4. 彼岸花で地域おこし
  5. 石動まっちゃプロジェクト 瀬戸陽子さん
  6. 70歳のパラグライダー
  7. 聞くも涙、語るも涙、ツバメ一家の物語
  8. 陸上ではコロナ、地下ではミミズ
PAGE TOP