京都、はずれ旅

イントロで渚 ゆう子さんの「女  ひとり」の曲が流れます。

「京都 〜おおはら〜三千院〜恋に〜疲れた女が〜一人〜」BGM

10月29日と30日、京都と琵琶湖の中にある竹生島へ行って来ました。

29日は、サントリー山崎蒸留所と紫式部が、源氏物語を書いた石山寺。

30日は、大原三千院と琵琶湖の竹生島。

三千院は、京都市内から約50分かかり、京都のはずれにあり、紅葉と苔と

お寺との対比が有名ですが、紅葉は始まっていない為、人はまばら。

参道を歩いているとおばさんが「お茶いかがですか?無料ですよー」と手招き

していて「無料」にはまるで弱い私は、赤い台に座って紫蘇茶を頂きました。

そのおばさんは、中国語、韓国語、英語、フランス語、ドイツ語、タイ語で、

参道を通る人に片っ端から声を掛けていくと、自国語で反応して台に座ります

「何カ国語で声を掛けるのですか?」と聞くと「最近は東南アジアの人も多く

インドネシア語、ベトナム語などが増えて10カ国語くらいです。お客さんが

全部教えてくれます。この金粉入りお茶は「チンポワ」と言うそうです」(笑)

紫蘇茶を頂いて目の前を見ると、金粉入りの紫蘇茶や金粉入り梅茶等チョット

高価なお茶が沢山並んでいて、京都のおばさんの声掛けの秘密を知りました。

大原から山越えをすると琵琶湖があり、国宝を二つ持つ竹生島(チクブシマ)へ。

しかし、琵琶湖は大きい!昔の人は「海だ!」と言ったのは納得で、

竹生島まで高速船で30分。船着場に着くと小高い山に神社、三重の塔、

寺が見え、階段がずーっと続いて『ええー、あそこを登るの』。

急な階段が165段有り、国宝の唐門や日暮御殿の竹生島神社に着くと、

「ヒーヒ、ハーハ」足は「パンパン」。

今回の研修旅行は、10カ国を話すお茶屋のおばさんと、恋に疲れるのでは

無く、階段登りに疲れた旅でした。

 

おすすめ記事

  1. 東京で活躍する『静物写真家』新明将太朗さん

関連記事

  1. ペットの熱中症
  2. 『人魚姫』がいる竜宮淵
  3. 今、大ブームのマンホールカード
  4. 黒文字楊枝の『田中 健志』さん
  5. Yahoo Blog 『ぬくーい話』 2012年過去ログ
  6. 聞くも涙、語るも涙、ツバメ一家の物語
  7. Yahoo Blog 『ぬくーい話』 2019年過去ログ
  8. 美味しい雑草
PAGE TOP