インド ムンバイの旅

関澤        「小林さん、そちらの天気はいかがですか?」

小林アナ「天気は、あまり良くありませんが明日は、雪の予報です」

関澤        「それは羨ましいです。毎日天気が変わる気候は素晴らしい事です」

小林アナ「意味がわかりません!関澤さんは今どこですか?」

関澤        「インドのムンバイの駅前で、クラクションが鳴りっぱなしです。

ムンバイでは、8ヶ月間全く雨が降らず、気温は30度前後で一定の

乾季で、残りの4ヶ月は毎日雨の日の雨季です。雨季では、カバンも

服も全て物がカビだらけになります」

小林アナ「乾季は良いけど、雨季は勘弁して欲しいです」

関澤        「ムンバイでは、天気予報は無きに等しいです」(笑)

小林アナ「関澤さんは、なぜムンバイに行かれたのですか?」

関澤       「私の甥が、仕事でムンバイへ転勤になり、インドに興味があり、

カレーの新しいメニューの開発のために来ました」

小林アナ「どんな仕事ですか?」

関澤       「医療器械の会社でレントゲンフィルムの仕事です。日本や欧米では

デジタル化されフイルムは使われないですが、インドではフィルムを

本人に必ず持ち帰らせる為必要です。何しろ13億の人口ですか、

お陰でいい商売になっています。しかし、問題も有ります。

それは、インドのカースト制の為、医師は生まれた時から医師になる

定めですから、不勉強で医師になる為、酷い医師が沢山います。

甥の娘さんが、ムンバイで凄くお腹が痛いと訴えるので、ムンバイの

病院へ行くと、医師が『これは盲腸だ!直ぐ手術だ!』と診断されたが

全く盲腸の場所では無く、信用出来ないので急遽帰国して、日本で診断

してもらうと、違う環境でのストレスだと診断され、手術しなくて

良かったと。富山の配置薬の方がよほど信用出来ます。(笑)

兎に角、インドは私の今までの常識を、全てひっくり返す程驚きの

連続です。インドのカレーは、どこで食べても私の口にピッタリで、

新しいカレーのアイデアも出来ました」

小林アナ「関澤さん、気を付けて帰ってきて下さい」

関澤        「クラクション鳴りっ放しのムンバイからの中継でした」

おすすめ記事

  1. 東京で活躍する『静物写真家』新明将太朗さん
  2. 雨の日は、美術館めぐり

関連記事

  1. 変わる水田風景
  2. 必笑 小咄の作り方
  3. 東京で活躍する『静物写真家』新明将太朗さん
  4. インド ムンバイの旅(2)
  5. 聞くも涙、語るも涙、ツバメ一家の物語
  6. 炎鵬の小学校時代
  7. 利賀村長崎『茂右衛門騒動』
  8. 鶏と卵の不思議
PAGE TOP