女と男、なぜ分かり合えないのか。

小林アナ「先日、スーパーで旦那さんが、スーパーのカゴを腕から下げて、

奥さんの後をついて歩くのを見て、『えーイヤだ』と思いました」

中島アナ「後に付いていれば、買った物をカゴに入れるから、良いじゃない」

関澤  「私は、妻の買い物に1回付き合って、余りにも待ち時間が長く、

それから約30年間、妻との買い物は行っていませんでしたが、先日、

付き合うと、余りにも長いので、私は車の中で待てど暮らせど、

外に出て来ないので、本を1冊読みました。(笑) 本当に女の人の買い物は、

どうしてあんなに時間がかかるのですか?」

小林アナ「それは、奥さんがイロイロ考えながら、店内を行ったり来たりして

品物を選んでいるから、時間がかかるのです」

関澤  「私の買い物は、5分もかからないのに、不思議です」

中島アナ「男の買い物は、決めて店に入って行くから早い。女は考え、

迷いながら買うから時間がかかるのです」

関澤  「男と女、いつまでも理解不能です。そこで今日は、

『女と男』なぜわかりあえないのか?という本の中から、紹介します。

この本は、今までと違い、女目線で女と男を、女性が中心になって、実験を

したデーターを参考に書かれていて、ラジオでは放送出来ないくらい凄い!」

小林アナ「ワア!その凄いところ聞きたいです!」

関澤  「それは本を買って、読んでください。内容をいくつか紹介すると、

封建的な因習が根強く残る、日本や韓国や中国の東洋の女性と、性に解放的な

西洋の女性とどちらが、ポルノ画像を見て性的興奮度が高いか?

実験結果は、保守的な東洋の女性も解放的な西洋の女性も、興奮度は同じ。

次は、美女は得をする?の実験では、美女は、同性の女性から「間接攻撃」を

受け、リスクは普通の女性より35パーセント高い。美女は同性から虐められ

男性からは大歓迎される。面接会場では、面接官が男性が多いと、

美女が選ばれ、女性の面接官が多いと、美男子が選ばれる。

その為最近では、面接官が男女、同数が主流になりつつある。

又、日本の女の子の「かわいい」が世界標準になり、最近は、自分の写真を

イロイロ加工して、デコったり、盛ったりして、SNS で発信していますが、

盛りすぎて、誰だか分からないなくなっている女の子も。

結論は、男は単純、女は複雑で、単純なものは複雑なものを、理解出来ない」

おすすめ記事

  1. 東京で活躍する『静物写真家』新明将太朗さん
  2. 雨の日は、美術館めぐり

関連記事

  1. 変わる水田風景
  2. 遅読術
  3. 東京人が感じた、奥深い富山県
  4. 必笑 小咄の作り方
  5. コロナに負けない「カ」「キ」「ク」「ケ」「コ」
  6. お金ザクザク!日本三大金運神社白山市『金劔宮』
  7. 大相撲富山場所
  8. 『人魚姫』がいる竜宮淵
PAGE TOP