私達は猛暑の中、死を覚悟して働いています。

今日もフェーン現象で、外の気温は36度に迫っています。

自分の肉体が『炙り』状態で、美味しい肉体になっています。(笑)

そんな猛暑の中、毎日、屋外で働く人にイロイロ取材しました。

瓦屋さんは、近所の屋根の上で、古い瓦を取り外していたので聞きました。

「屋根からの照り返しも有り、屋根の上は約50度ぐらいになっていますから

熱中症対策を万全にしています。クーラーBOXの中にキンキンの冷凍した、

水やスポーツドリンクや麦茶が入っています。作業時間は50分働いて、

15分休みますから、作業効率は悪く、作業は平常の半分になりますが、

命が大事ですから」

次は、砺波市に有る警備会社へ行きました。

担当者は「私達は、毎日毎日この猛暑の中、死を覚悟して交通整理の仕事を

しています。今年も5人が熱中症で救急車で搬送されました。

道路の交通整理員の仕事は、非常に危険な仕事で、ポールや旗で車を

停めようとすると、無視して突っ込んで来たり、嫌がらせで擦れ擦れで通過

したり、朝8時から夕方5時まで昼1時間の休憩をはさんで、

立ちっぱなしです。ファンの付いた空調服に放冷剤を入れ、足元には水、塩、

タブレット(梅、塩、ぶどう等の味付けされた固形のソーダー)等置いています。

そんな悪条件でも仕事をしなければならない理由は、道路工事、建設工事、

イベント等では、交通整理員がいないと何も出来ない法律が有ります。

その為、工事の監督や、イベントの責任者から、泣くように要請の電話が

ありますが、慢性の人手不足で要請に応えられません。

こんな悪条件で、日当は8000円と安く、若者は結婚も出来ないと、

辞めていくため、年金生活者か他では就職が難しい人しかいません。

政府が、気温が何度以上、何度以下は作業禁止と、待遇改善を法制化する。

それを早急にしないと、交通整理員が居ないために、何も出来ない国になる」

次は、地下で働く人は「兎に角マンホールの蓋を開けるのが大変で、

注意しないと大火傷します。蓋を開けて中に入って行くと、入り口付近は、

やたら熱いですが下まで降りて、送風機を回すと、地下の空気は約20度位で

別天地と言いたい所ですが、水が有りズボンは濡れます」

クーラーの効いた部屋で「チョット冷え過ぎで、何か着ようかしら」と

言っている人は、この猛暑の中、汗だくになりながら働いている人の事を、

少し思って欲しい。

おすすめ記事

  1. 東京で活躍する『静物写真家』新明将太朗さん
  2. 雨の日は、美術館めぐり

関連記事

  1. コロナ禍の法要騒動
  2. Yahoo Blog 『ぬくーい話』 2018年過去ログ
  3. ラクビーにハマり、追っかけの柏山君がスタジオゲスト
  4. 小牧ダムは、東洋一だった。
  5. 京都、はずれ旅
  6. インド ムンバイの旅
  7. 石動高校野球部42年ぶり決勝!
  8. 南天の実はなぜ赤いのか?
PAGE TOP