あなたは餅が好きですか?

正月でもないのに、今日は餅の話です。

餅の一人当たり消費量が、全国の都市で富山市がダントツの第一位です。

年間3471gで、第二位は相模原市年間2946g、そして第三位は

金沢市の年間2946gで、全国平均は2300gで、

餅を最も食べない都市は青森市で1259gで富山の半分以下。

「富山市が多いのは、富山県名産の『新大正もち米』があり、この米は

粘りと腰がつよく、風味豊かで最高級品で県外者は、殆ど手に入らず

『幻の餅米』と言われている。

又、富山県の行事にはほとんど餅つきで、結納、結婚、妊娠、腹帯の日、

出産する時に実家へ帰る時の『コロコロ餅』、出産すると『出産祝い餅』、

生後100日目で『お食い始めの餅』、そして1歳になる誕生日には、

男の子、女の子に一升餅を『チカラ餅』として、背負わせたりお尻に

ぶつけたりする行事など、地域ごとの様々な行事があり餅が付く」と

私の友人の砺波の太田饅頭堂が言いました。

しかし彼は「最近は生活環境が変わり、去年からコロナで様々な行事が中止に

なり注文は七割減になった」と嘆く。

小矢部市津沢に、非常に美味しいと評判の餅があると聞き行く。

その店は、中村飴や餅店で本当に小さな店で、通り過ぎてしまいますから

注意してください。

店主の中村悦子さんは「結婚して38歳で夫が亡くなり、三年後に餅を

作っていたお父さんが亡くなり、小学六年生を頭に四年生一年生と、

三人の子供を抱えて途方にくれました。生活をしていく為には、餅しか無い

と思い、先代の味を出すために、何回も何回も何回も失敗し、富山の

富山県食品研究所も何度も何度も行って、ようやく先代の味に近付いたかと

思います」と、78歳とは思えない若々しく美人の中村さんは言う。

朝出された草餅、豆餅、簀巻き、赤飯など全部売れ切れて、オハギが1パック

残っていたのでインタビューの後、買うつもりでいたらインタビュー中に

お婆ちゃんが「これもろちゃ」と、私は思わず『アアア、それダメ』と、

言いたかったが言えず、最後のオハギはお婆ちゃんがゲットして行きました。

おすすめ記事

  1. 東京で活躍する『静物写真家』新明将太朗さん
  2. 雨の日は、美術館めぐり

関連記事

  1. 『芍薬フェアー』を夢みるOさん夫婦
  2. 奇跡の水月湖の年縞
  3. チームラボ『永遠の海に浮かぶ無常の花』
  4. コロナに負けない「カ」「キ」「ク」「ケ」「コ」
  5. 聞くも涙、語るも涙、ツバメ一家の物語
  6. 「海苔は女性と同じで、優しくしないと泣き出す」
  7. 東京人が感じた、神秘の泉のような富山県
  8. 富山に移住したヨガ教師
PAGE TOP