これでいいのか、富山県、石川県

天気の悪い、大型連休が昨日で終わりましたが、いかがお過ごしでしたか?

まともに晴れたのは、4日の日ぐらいで、当日はどこも大変な人出でした。

山へ山菜採りに行った友人は「ワラビの数より人の数の方が多かった」

コロナ禍で、県境を越えてはいけないという事で、富山県、石川県の話題を

『これでいいのか富山県』『これでいいのか石川県』の本の中から送ります。

先ず石川県、富山県の県都は富山市、福井県は福井市、新潟県は新潟市、

岐阜県は岐阜市、金沢県で良かったのにどうして石川県?

1871年廃藩置県で加賀藩域で金沢県、大聖寺県、富山県、七尾県が

誕生します。しかし、飛び地や境界線問題で、大規模な府県統合が行われ、

加賀藩域は、金沢県、新川県、七尾県の三県になりました。

1872年、金沢県庁が美川に移転した時に、金沢県が石川県に変わる。

なぜ石川県の名前に?

石川県の由来は、石の多い川(手取り川)があったからと、余りにも安直な

名付けです。こらには、前田家の殿様が明治維新の時、新政府側でも無く

幕府側でも無く、優柔不断だったため新政府は「石が多い川があるから

石川県でいいだろう」と。しかし、今も金沢人の中には「県名は金沢県で

良かったのに」と思っている人が沢山います。東京の人は金沢市は知って

いても石川県を知らない。

次は富山県『男が弱い⁉︎女性活躍の先進県*富山県』

富山県の完全失業率は2、3%で全国四位です(2015)です。

これは豊富な水量の川が多く、水と水力発電のおかげで工業県となり、

人口が少ないわりに工場が多いため、女性、高齢者就業状況は68、3%で

全国五位。又、女性の勤続年数は11、6年で全国一位で、これは企業が女性を

戦力として、評価して大事にして来たため。

さらに、富山の女性の社会進出している事は、総務省の家計調査で、

調理食品全般の購入金額は三位ですが、主食的調理食品(ご飯やパン)の

購入金額は二十三位。オカズの購入額三位、冷凍食品は堂々の一位です。

仕事と家庭で大変だから、外食が多いかと思えば、意外に全国二十位です。

こらから富山の女性の姿は、会社から帰って来てスーパーのオカズで、

富山の美味しいご飯を食べている。

富山の男性が弱いのではなく、相手を尊敬して思いやる性格だからです。

これは、浄土真宗王国として約100年の民衆国家を続けた歴史のおかげ。

これは世界でも稀な事です。

私は言いたい『これでいいのだ富山県・石川県』

 

 

 

 

 

おすすめ記事

  1. 東京で活躍する『静物写真家』新明将太朗さん
  2. 雨の日は、美術館めぐり

関連記事

  1. 女と男、なぜ分かり合えないのか。
  2. 石川県が生んだ偉大な哲学者2人
  3. 『人魚姫』がいる竜宮淵
  4. ペットの熱中症
  5. 『芍薬フェアー』を夢みるOさん夫婦
  6. Yahoo Blog 『ぬくーい話』 2018年過去ログ
  7. 「海苔は女性と同じで、優しくしないと泣き出す」
  8. 丘の上の珈琲SHOP
PAGE TOP