2021 メルヘンおやべ源平火牛まつり

昨夜はオリックスがパリーグリーグ優勝し一昨日はヤクルトがセリーグ

優勝しました。共に昨年は、最下位からの優勝です。

私が応援しているベースターズは、今年最下位だったから来年は優勝が、

確定しました。そうなればいいなーー。

10月30日(土曜日)に、メルヘンおやべ源平火牛まつりが、小矢部の

銀座商店街で開催されます。

火牛の計とは、平安時代末期寿永2年(1183年6月2日)源氏の源義仲と

平家の平推盛が、富山県と石川県の県境にある倶利伽羅峠で戦った戦いです。

その戦いで、木曽義仲が牛の角に松明をくくり付けて攻め、平家の軍勢は、

倶利伽羅山の谷へ雪崩れ落ち、平家に大打撃を与えた戦いです。

源平火牛まつりはそれを由来として、例年は藁で作った大きな火牛のレースを

していましたが、今年はコロナ禍でもありパレードのみです。

しかし、今年は新しいイベントが加わります。

それは、手づくりランタンと松明のコラボです。

ランタンの幻想的な灯りが、松明とマッチして新しい驚きの風景を作り、

インスタ映えするでしょう。

ランタンは、一つ一つ手作りで、作った人のアイデアで色々な紙を貼っていく

ため、皆さんアート感覚に目覚めて、町内会や企業などの制作教室では、

皆さん楽しく作っていました。

そして、手作りのランタンは300個になり、銀座商店街の通りに彩りを

添えるでしょう。

源平まつりは30日の16時から始まり、パレードは16時30分、

小矢部市商工会会館前からスタートして、メルびるまでの800mを往復

します。途中にぎやかに和太鼓やパフォーマンスやジャズ演奏があり、

源氏の笹リンドウと平家の蝶も乱舞するでしょう。

ここでチョット耳より情報を。

来年の大河ドラマは、『鎌倉殿の13人』で木曽義仲と巴御前が登場する

ドラマが放送され、長い間の関係者の努力がようやく形になります。

 

 

おすすめ記事

  1. 雨の日は、美術館めぐり
  2. 東京で活躍する『静物写真家』新明将太朗さん

関連記事

  1. 6才から社交ダンスを続ける 武崎聖恋さん
  2. おやべ元気BOX騒動
  3. 年末恒例『我が街のトップニュース』
  4. ツバメのお宿の奥さんのホノボノ話
  5. 『人魚姫』がいる竜宮淵
  6. 信州上田の、クルミ味噌そばと国宝
  7. おやべ元気BOX
  8. 『芍薬フェアー』を夢みるOさん夫婦
PAGE TOP