日本三代桜の孫の移植騒動

今日は、桜のシーズンから少し過ぎましたが、日本三大桜の孫の

移植騒動を紹介します。

日本三大桜は、山梨県の樹齢約2000年の『山高神代桜』と、岐阜県の

樹齢約1500年の『根尾の薄墨桜』と、福島県の樹齢約1000年の

『三春の滝桜』です。

そして、我が店の駐車場に薄墨桜の孫の桜の木があり、毎年淡い薄墨桜色の

小さな花びらを付けていました。

この桜の木は、28年前に友人からもらった木ですが、その時は親指程の

太さでした。そして、年数を重ねるごとにドンドン太く高くなりましたが

桜は全く咲きませんでした。口の悪い友人は「木がこんなに大きくなっても

桜が咲かないのは、桜の木ではなく違う木じゃないのか。ホームセンターで

売っている桜は、細い木でも咲いているぞ」と冷たく言いました。

それでも私は、桜の木の下の下草を刈ったり、肥料を蒔いたりする事

20年ーーー。

そして、21年目に『今年もダメかも』と諦めかけている時、なんと一輪

桜の花ビラを発見した時の喜びは、満開の桜の山に立った感動でした。

その年は一輪だけでしたが、次の年は十輪、その次の年は木の半分、

四年目でようやく全体に咲くようになりました。それから数年は淡い

薄墨桜を楽しみました。しかし、国道8号線バイバス工事に桜の木が

ひっかかり、伐採する事になりました。

私は「今年は最後の薄墨桜を見てから伐採して欲しい」とお願いして4月末に

伐採しました。しかし、三大桜の孫の桜だという事が分かると、店のお客や

桜の愛好家が「挿木をしたいので、是非、枝を分けて欲しい」言われて沢山の

人が枝を持って行かれました。

そして、枝を消毒して根の促進剤に漬けたりする人や、直接地面に挿す人等

三大桜の蘇生を試みています。

数十年後には、小矢部市が薄墨桜の里になっているかも。

 

おすすめ記事

  1. 東京で活躍する『静物写真家』新明将太朗さん
  2. 雨の日は、美術館めぐり

関連記事

  1. 利賀村長崎『茂右衛門騒動』
  2. あなたは餅が好きですか?
  3. Yahoo Blog 『ぬくーい話』 2013年過去ログ
  4. 東京人が感じた、奥深い富山県
  5. 美味しい雑草
  6. 大相撲富山場所
  7. 聞くも涙、語るも涙、ツバメ一家の物語
  8. 丘の上の珈琲SHOP
PAGE TOP