jinjinの記事一覧

  1. ざんねんな生き物たち

    21日の最高気温は、37、7度でした。連日の温熱地獄でエアコンの入れっぱなしで、電気代地獄との戦いになっています。人間は、エアコンで気温を下げることができますが、一年中毛皮を着ている動物達は、毛皮を脱ぐ事も出来ず恨んでいるでしょう。特に熊は、厚く黒い毛皮だから…

  2. 新盆の日に『おりん』の話

    平島アナ「関澤さんお久しぶりです。今日はゲストと一緒ですが、紹介して頂けますか?」関澤  「ゲストの紹介の前に、まずこの音を聞いて下さい。(おりんを叩いてドレミファの音階を出す)平島アナ「素晴らしい音ですね。心に響きますね」関澤  「今お届けした音は仏壇の中に…

  3. あなたの熊鈴で大丈夫?

    最近ニュースにはなっていませんが、熊が多数出没しています。去年の秋に、紅葉の取材で利賀村の林道を車で走っている時、横を黒い物が一緒に走り始めたので、よく見ると大きな熊で、走る物を追い掛ける習性があると聞き恐怖を感じた事がありました。そこで今日は、長年森林やスキー場の救…

  4. 6人目も自宅出産した田中さん

    最近は、生きるのも死ぬのも殆ど病院になってしまい、人間としての尊厳がだんだん遠くなっています。そんな中、子供達立ち合いのもとで、6人目を自宅出産された田中さん親子を取材に行ってきました。奥さんは新生児を抱きながら「前の子の時は、5分ほどでポコンと出来ましたが、…

  5. 6才から社交ダンスを続ける 武崎聖恋さん

    平島アナ「関澤さん、今日の若い女性のゲストを紹介して下さい」関澤  「6才から社交ダンスを続けている、武崎聖恋さんです」平島アナ「どうして関澤さんが、こんな若くて素敵な女性をご存知ですか?」関澤  「私の妹の紹介です。それよりゲストインタビューお願いします」武崎さん「…

  6. ツバメのお宿の奥さんのホノボノ話

    我が家には、今年は来ないだろうと思っていたツバメが、ようやく6月1日に来ました!我が家では、カラスやヘビに巣を襲われて、6年間ツバメの子供達が巣立っていないため、ツバメの姿を見たと聞き『おおお来てくれたか!』と、歓迎の声を上げました。ツバメ家族は、以前は順調に…

  7. 信州上田の、クルミ味噌そばと国宝

    月曜日、大切な親戚の葬儀のため、信州上田へコロナ禍の中行って来ました。親戚の人が、上田市の名物のくるみ味噌そばの『刀屋』へ招待してくれました。ざる蕎麦は、今まで麺つゆにねぎ、大根おろし、ワサビの薬味を入れて、そばをズルズルと、音を立てながら食らいつくのが、醍醐味で好き…

  8. 『芍薬フェアー』を夢みるOさん夫婦

    昔から、美人の姿や振る舞いを表す言葉に「立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花」があります。今日は、『芍薬フェアー』の開催を夢みるOさん夫婦の紹介です。本名と場所を明かせないのは、26種類2600株の芍薬の、ピンク、白、紫、赤色の大輪の花が咲き乱れた畑は、道が狭く車…

  9. 浅草 浅草寺が身近になる話

    先日の新聞記事に、私が小矢部市児童クラブ育成会の講演で、『浅草 浅草寺が身近になる話』をした事が載っていました。それを見たリスナーの人が、詳しく知りたいので番組で紹介して欲しいと電話があり、今日はその話をします。浅草寺のイメージは、雷の大きな提灯が下がった、雷門が有名…

  10. 磯部神社の藤の花と、水道つつじ公園のつつじ

    今日は、平島アナウンサーに変わり、柴田アナと網谷アナのフレッシュコンビでなく、ベテランコンビと聞きました。網谷アナは、(welcomen)の花言葉を持つ花を知っていますか?それは万葉の時代から、日本人に愛された藤の花です。日本の花言葉は「優しさ」「歓迎」「決して離れな…

PAGE TOP