子供にウケるたのしい雑学

今日は5月5日、子供の日です。

今日は、ラジオを聞いている数少ない子供達のために、

『子供にウケるたのしい雑学』坪内忠太(新溝社)の中から紹介します。

最初は、産まれたての赤ん坊は、母親の声が分かるのか?

胎児の耳は、5ヶ月目で完成します。同時に脳に海馬と言う記憶を司る

部分が出来るので、この頃から音の種類を覚え、母親の声を覚えます。

サルの実験でも、産まれて直ぐ母親サルから引き離した赤ん坊サルを、

数ヶ月後に他の母サルと一緒に対面させたところ、自分の母サルの鳴き声が

すぐに分かった。

人間も生まれたばかりの赤ん坊に、複数の女性が声をかけても間違わず

母親の方を向く。

次は、カンガルーの袋の中の掃除をするのは、母親か子供か?

カンガルーの赤ん坊は、生まれた時は人間の小指の先ぐらいで

毛も生えていません。それがどうして袋の中にいるかというと、赤ん坊は

母親がナメてつくった腹部の毛を、かき分けかき分けして這い登り、

母親が咥えて袋の中には入れない。

袋の中に入ればそこは天国で、中にある母親の乳首から乳を好きなだけ

飲める。しかし、飲むと排泄するため袋の中は、ドンドン汚れます。

答えは、母親が袋の中に頭を突っ込んでキレイに掃除をしています。

次は、人間の体全体の血管をつなぐと、どれくらいの長さになるか?

血管は、直径約2、5cmの大動脈、約3cmの大静脈から0,006㎜の毛細血管

までありますが、これを全部繋ぎ合わせると、なんと10万mで地球2周半

の長さになり、そこを流れる血液の重さは体重の8%で、体重50kgの

人は4kgになります。

最後に中高年リスナーのため「NO !」と言えない人は、認知になるのが早い?

国立精神神経センターで、健康なネズミと精巣を無くし男性ホルモンを

出さないネズミを使って実験をした。

それぞれの群れを5週間にわたって、首まで水につけ脳にどのような影響が

あるか調べた。結果は、健康なネズミは変化は無かったが、男性ホルモンを

出なくしたネズミは、記憶を司る海馬の細胞が半分は死んでいた。

男性ホルモンは積極性、攻撃性の素となる物で人間で言えば「YES」「NO」を

司っている。だから「NO」と言えない人は、男性ホルモンが少なく早く

認知症になりやすい。

私は、いくつになっても恋をしていたい!たとえエロじじと言われても!

 

 

おすすめ記事

  1. 東京で活躍する『静物写真家』新明将太朗さん
  2. 雨の日は、美術館めぐり

関連記事

  1. 大相撲富山場所
  2. 奥能登国際芸術祭
  3. 遅読術
  4. ウグイスの初鳴き
  5. 金沢市の紅葉の穴場
  6. 浅草 浅草寺が身近になる話
  7. レビー小体型認知症
  8. ツバメのお宿の奥さんのホノボノ話
PAGE TOP