令和3年大雪のぬくーい話

皆さんは、1月8〜10日の記録的な大雪で、除雪で明け暮れたため身体の

節々が、悲鳴を上げているのではありませんか?

先日、小矢部の熱心なリスナーのMさんから電話があり

「9日の午後1時ごろ猛吹雪の中、アウトレット北陸小矢部の前の

国道8号線で、どこが道路か分からなくなる、ホワイトアウト状態になり、

思い切り道路脇の雪の山に突っ込みました。

猛吹雪の中、1人で車の周りを除雪したり、車で脱出を試みたり、約40分程

悪戦苦闘していました。

その時、アウトレットの交通指導員の人6人が来られて、

猛吹雪の中、車の周りの除雪や車の脱出の作業の後、全員で押していただき

約40分後、ようやく脱出出来ました。

本当に有り難かったので、謝礼を出すと『雪道はお互い様』と言い残し、

サッとアウトレットへ帰って行かれました。本当にありがたく観音様の様で

思わず手を合わせる位有り難かったので、是非放送してあげて欲しい」と

連絡があり紹介しました。

道路はデコボコで、スタックすると押したり押されたりの毎日です。

交差点付近には、車のアンダーカバーや、部品が落ちています。

昨日、「やっと、ゆっくり飯が食べれるわ」と除雪隊の1人が来店され、

聞きました。「どんな勤務時間でしたか?」

「8日は2時間、9日も2時間、そして10日は1時間しか寝てないです。

8日は、午前1時に出動命令が出て、9時間除雪作業して1時間休憩して、

その後又、18時間連続でグレーダーで除雪していました。

私ばかりでなく、除雪隊の人は殆ど同じ勤務時間だと思います」と。

私は、自宅から店までタイヤショベルで約20分程走らせて行きますが、

道路脇の硬くて重い除雪の雪を、住宅前に置かれた人は、

スコップで一つ一つ、それらを片付ける作業が大変です。

道中の人は、私がタイヤショベルで通ると、皆んな手を合わせられる為、

硬くて重い雪をザーと除雪しなが店まで行きます。

人間は、人のために働くと喜ぶ動物と、聞いた事があり納得しました。

今日の話にはオチはありませんが、落雪には十分注意してして下さい。

おすすめ記事

  1. 雨の日は、美術館めぐり
  2. 東京で活躍する『静物写真家』新明将太朗さん

関連記事

  1. 映画『エジソンズ-ゲーム』
  2. 熱い日は、心太(トコロテン)
  3. 利賀村長崎『茂右衛門騒動』
  4. 彼岸花の里を目指す、川原さん
  5. 我が街のトップニュース
  6. お金ザクザク!日本三大金運神社白山市『金劔宮』
  7. 美味しい雑草
  8. 女と男、なぜ分かり合えないのか。
PAGE TOP