東京で活躍する『静物写真家』新明将太朗さん

今日は、商工会全国大会で東京に来ています。

小林さん『静物写真家』とはどんな写真家か知っていますか?

小林アナ「知っていますよ。宝石や高級時計や宝飾品等を専門に撮る人です」

関澤       「流石です!今日紹介するのは、小矢部市出身で様々なファッション

雑誌の静物写真を撮っている35歳の、新明将太朗さんです。

先ほど新明さんの渋谷にあるスタジオへ行って、色々取材して

来ました。スタジオはビルの5階に有り、両面から自然光が入り

静物写真には理想的なスタジオでした」

関澤        「新明さん、いつから東京へ?」

新明さん「高校を卒業して、家が写真屋なので写真学校に入りました。あまり

写真屋にはなりたく無かったのですが、東京に出て見たかったし

写真学校へ行くと言えば出してもらえると思った」(笑)

関澤       「写真学校卒業後は?」

新明さん「帰って写真屋のつもりでいたのですが、恩師が『一度、一流の物を

観て体験して帰ってもいいぞ』と言われて、六本木スタジオに入り

9年間世話になりました。その後、貸しスタジオで商業写真を

撮るように なり、段々大きな仕事も来る様になったので、

不安でしたがこのスタジオを借りました。お陰で数億円の宝石の

撮影では、二人のガードマン付きで撮ったり、持ち出せない宝石は、

海外まで行って撮ります。先日も、ローマ、香港へ行きました」

関澤      「日頃から、撮影の時心掛けている事は?」

新明さん「ファッション誌は、殆ど写真の羅列です。ペラペラとめくった時、

アレっと止まる写真を撮りたい」(笑)

私は、物静かな新明さんとのインタビューで、写真家には、風景、人物等

沢山のジャンルが有りますが、ファッション誌の静物写真は毎月出版される為

仕事が切れる事がなく、確実に稼げるのは富山県人らしい。

 

 

 

 

おすすめ記事

  1. 東京で活躍する『静物写真家』新明将太朗さん

関連記事

  1. お金ザクザク!日本三大金運神社白山市『金劔宮』
  2. 陸上ではコロナ、地下ではミミズ
  3. 必笑 小咄の作り方
  4. 「男と女の心理学」が3時間でわかる本
  5. 利賀村長崎『茂右衛門騒動』
  6. チームラボ『永遠の海に浮かぶ無常の花』
  7. ラグビーワルドカップと外国人の酒
  8. 今、大ブームのマンホールカード
PAGE TOP