玉子、たまご、卵

「玉子の注文のFAXが止まりません。一日中続いています!」と、

うれしい悲鳴を上げているのは、石動まっちゃプロジェクトのスタッフです。

石動まっちゃプロジェクトは、石動町の商業発展と空き店舗を活用するため、

様々な事業を行なって来ました。

小矢部の特産品を集めた『おやべ元気box』の販売や、町中で痛車やコスプレ

イベントを行って来ました。

石動まっちゃプロジェクトが、玉子販売をするのは、小矢部で鳥インフルが

発生して、約13万羽のニワトリが殺処分されたため、小矢部の養鶏業者と

玉子販売店と玉子メニューの飲食店をまもるためです。

プロジェクトのスタッフは「玉子は箱売りで、箱の中には小矢部の米を食べた

鶏が産んだ『おやべマイ玉子』80個入りの箱を3000円で販売します。

すると、注文のFAXが止まらない状態になり、JAいなば、各銀行、介護施設、

各会社、個人等から殺到しています。今日現在170箱の注文ですが、

まだまだ増えるでしょう」

養鶏業者の社長は「小矢部の皆さんに、非常に迷惑をかけたのに、玉子を

売っていただいたり、飲食店も新たに玉子メニューを追加したり、

本当に本当にありがたいです」

玉子の注文書には、メッセージの欄も有り「メゲずに頑張って下さい」や

「私達は、玉子を買うことでしか応援出来ませんが、頑張って下さい」等、

沢山のメッセージが書かれているので、注文書を養鶏業者に渡します。

小矢部市以外の人は、いつもよりワンパック余計に買って応援して下さい。

この寒い時期に、心温まる『ぬくーい話』でした。

 

おすすめ記事

  1. 雨の日は、美術館めぐり
  2. 東京で活躍する『静物写真家』新明将太朗さん

関連記事

  1. くろねこ焙煎研究所
  2. 映画『エジソンズ-ゲーム』
  3. リンパマッサージ?
  4. 今週もスタジオに来ました
  5. 小矢部道の駅ードッグラン
  6. 6人目も自宅出産した田中さん
  7. 鶏と卵の不思議
  8. 遅読術
PAGE TOP