小矢部市商工会『視察研修会』

先日、商工会の『視察研修会』がありました。

例年は、1泊2日の先進地視察で全国の先進地へ行っていましたが、

今年はコロナ禍で日帰りで砺波地区の施設や企業を訪問しました。

最初は小矢部市津沢にある『(株)ゴールドウィン』に行きましたが、

シークレット部門が多いため、

番組で放送する時は、事前に書類を提出して下さいと言われましたので、

簡単に紹介します。

『(株)ゴールドウィン』は、1964年の東京オリンピックでユニホームを

作った事がターニングポイントになり、

スポーツウエアを製造するようになった。

今は、学校ユニホーム等の汎用品は中国で生産し、去年のラグビーワールド

カップで日本代表選手のユニフォームのように、

一人一人のポジションや体型に合ったユニフォームは、素材の組み合わせや、

高度の縫製技術の物は、津沢工場で製造されている。

昼食の後、今年6月にオープンした『津沢あんどんふれあい会館』へ。

砺波地区には、福野、砺波、庄川、津沢に夜高あんどんが有りますが、

本格的な常設展示館は津沢だけです。

その為沢山の見学者が有り、担当者はうれしい悲鳴を上げています。

「先日も、関東方面からGo to トラベルで、バス7台で来られて、

テンヤワンヤになりました。その中の1人のお客様様が、

『青森のネブタや全国の神輿などを見たけど、こんな綺麗なあんどんを、

ぶつけて壊してしまうとは、男衆の心意気を感じ感動しました。

こんな素晴らしい祭りを関東方面へドンドンPRすべき』と言われて、

あんどんマスクやミニ法被を沢山買って行かれました」と。

その後、砺波市の『若鶴大正蔵-三郎丸蒸留所』へ。

大正蔵は、当初日本酒の醸造場でその後は、貯蔵庫として使用された建物で

二階建てだった物を現在は、階段上にリホームして講演会やコンサートに

使用されている。

又、三郎丸蒸留所は、北陸唯一のウイスキー蒸留所で11月12日から発売の

『三郎丸ゼロ』がおすすめです。

今までの研修会は、1泊2日の遠方の先進地へ視察していましたが、

すぐ足元ににも、素晴らしい施設や企業がある事を知らされました。

コロナ禍も悪い事ばかりでは無く、良い事もある。

 

おすすめ記事

  1. 東京で活躍する『静物写真家』新明将太朗さん
  2. 雨の日は、美術館めぐり

関連記事

  1. 我が街のトップニュース
  2. おやべ元気BOX
  3. Yahoo Blog 『ぬくーい話』 2015年過去ログ
  4. 京都祇園「一力亭」女将 杉浦 京子さん
  5. 美味しい雑草
  6. 必笑 小咄の作り方
  7. 70歳のパラグライダー
  8. OYABEお宝マルシェ報告
PAGE TOP