「白馬村は感染警戒レベル5です」

2月11日の祭日の天気は非常に良く、こんな日はスキー日和だと思い、

白馬村のペンション「シャモニール」のオーナー、新田みのぶさんに

聞きました。

「首つりセットどこかに売っていないかね。去年の2月からお客さんが一人も

来ていません。平成元年12月7日にオープンして、今年で33年年過ぎ

建物も古くなって来て、改装するにも莫大なお金が掛かり、壊すにはもっと

掛かるし、火を付けて燃やしたい位だ。

趣味のおじさんバンドのラストコンサートを、300人ぐらい招待して

ホールで派手にやりたかったけど、このご時世60人で自分のペンションで

ラストコンサートをやった。本当に寂しい限りでした。

今は、子供達にバンドのドラムを教えている。生徒は、ハーフの子、高校生、

大学生、ジャンプの選手等20人ほどに教えているが、3年前に階段から

落ちて、大怪我をしてから調子が悪いけど、生徒が集まって来るので、

教えている。

白馬村は、今、中国人、アメリカ人そしてオーストラリア人に土地がドンドン

買われ、土地バブルで軽井沢より土地の値段が高くなった。

そして、全村民8600人の内、約0、7%の約520人が外国人の定住者で、

外国人だらけでそれにハーフの子供も非常に多い。

しかし、このコロナ禍で白馬村は感染者がトータルで26人になり、

感染警戒レベル5に引き上げられた。

例年は、オーストラリア、中国、アメリカからのスキー客で溢れているのに

今は、日本人だけが頼りで残念です。今日は天気が良くスキー日和だから、

どれくらい来ているか、自分のペンションから望遠鏡で見ると、八方、五竜、

岩岳など白馬7スキー場が全て見えるから、望遠鏡を覗くと天気はいいけど

パラパラです。暇があり過ぎる為、趣味のHO ゲージの電車を走らせています。

奥さんは、起きた時から『おやすみ、おやすみ』しか言わないインコの世話を

しているよ。とにかくコーヒーでも飲みに来られよ」

私は、朝から『おやすみ、おやすみ』しか言わないインコに近日中に、

会いに行きます。

おすすめ記事

  1. 東京で活躍する『静物写真家』新明将太朗さん
  2. 雨の日は、美術館めぐり

関連記事

  1. 石動駅前にピザとワインの店4月29日オープン
  2. 深田久弥『山の文化館』
  3. おやべ元気BOX
  4. 年末恒例『我が街のトップニュース』
  5. ラクビーにハマり、追っかけの柏山君がスタジオゲスト
  6. 北海道からぬく〜いプレゼントが届きました
  7. Yahoo Blog 『ぬくーい話』 2019年過去ログ
  8. 女と男、なぜ分かり合えないのか。
PAGE TOP