石動まっちゃプロジェクト 瀬戸陽子さん

小林アナ「関澤さん、今週もスタジオ入りありがとうございます」

関澤  「今週も来てしまいました」(笑)

小林アナ「今週の素敵な女性のゲストを、紹介して下さい」

関澤  「石動まっちゃプロジェクトの、ゴットおばさんの瀬戸さんです」

瀬戸さん「ゴットおばさんは、チョットひどないけ。瀬戸陽子です」

小林アナ「石動まっちゃプロジェクトは、どんな団体ですか?」

関澤  「小矢部市の中心商店街を、にぎやかにするために有志が集まって

三年前に、NPO法人を創設しました」

小林アナ「どんな活動されていますか?」

瀬戸さん「春にはコスプレと痛車、秋はクラフトと古物市を開催しています。

それと、この箱に小矢部の特産を詰めて販売しています」

小林アナ「メンバーの人は、儲かるのですか?」

瀬戸さん「まっちゃプロジェクトは、少し儲かりますが、メンバーは全く

儲かりません。考えてみるとアホみたいです」(笑)

小林アナ「小矢部市や商工会やJA等の協力は?」

瀬戸さん「全く有りません!お願いもしていまん」(笑)

関澤  「敵対していませんが、これから少しずつ広げて行きます」

小林アナ「どこの話を聞いても、役所はなかなか動きが鈍いみたいですね」

瀬戸さん「この特産品箱も今まで、役所、商工会、JAでカタログは出来ました

が、実現しませんでした」

小林アナ「今年は、どれくらい注文が有りますか?」

瀬戸さん「去年から始めて、去年は60個。今年は今のところ70個です」

小林アナ「思った程伸びていませんね」

瀬戸さん「これからです!宣伝不足で、この素晴らしいイラストのパンフが

出回っていません」

小林アナ「本当に漫画チックで、こんな特産品のカタログは全国でも無い」

関澤  「これは、石動曳山と獅子舞をアレンジしたカタログです。

思わず手に取って見たくなるでしょう!ワクワク感が大事」

小林アナ「関澤さんが話し始めると、危ない所へ逸れそうです。

今日はありがとう御座いました」

 

 

おすすめ記事

  1. 東京で活躍する『静物写真家』新明将太朗さん
  2. 雨の日は、美術館めぐり

関連記事

  1. 遅読術
  2. コロナ禍のNYのネールアーテスト。
  3. 「男と女の心理学」が3時間でわかる本
  4. 映画『エジソンズ-ゲーム』
  5. 東京人が感じた、神秘の泉のような富山県
  6. 燕岳 アルプスの女王 燕岳登山
  7. 誰にも聞けない、ラグビーの疑問
  8. 石動高校野球部42年ぶり決勝!
PAGE TOP