小矢部市本叡寺の枝垂れ桜

 

平島さん、今日は4月8日ですが何の日ですか?

なかなか出て来ませんか。お釈迦様が生まれた日で『花まつり』です。

今日は、その日にふさわしく小矢部市八講田にある本叡寺の枝垂れ桜の

紹介です。

本叡寺の場所は、小矢部市の国道359号線の金沢へ向う途中、五郎丸地区の

五郎丸川を挟んだ右側の地区の八講田にあります。

約25年目の100本の枝垂れ桜が、満開で咲き乱れています。

この桜は、今は亡くなったハ講田の吉田光雄さんの発案で、日蓮宗総本山の

身延山の身延枝垂れ桜を、戴いて植えたのが始まりです。

昨日行って来ました。本叡寺の境内を横切り、小高い丘の上に100本の

枝垂れ桜がこんもりとピンク色染まっていました。

その丘の上に登ると、枝垂れ桜に囲まれて、身も心もピンク色に染まり、

極楽気分になりました。

本叡寺住職宮内さんは「吉田さんの発案で始まりましたが、丘の雑木や雑草を

切り倒し丸坊主にして、そこに枝垂れ桜を植えて行きました。

しかし、全員が初めての事で、余り間隔を空けなかったため、木が大きく

なって数本切りました。又、今年のように雪の多い年は、木が折れたり、

裂けたりしましたが、地区の人や檀家の人の世話でここまで育ちました」

満開の枝垂れ桜を見た後、本叡寺住職は「関澤さん、明日は4月8日の

花まつりです。お釈迦様と甘茶も用意しています、これもお釈迦様の導き?」

私は「お釈迦様に何故甘茶を掛けるのですか?」と素朴な質問をすると、

住職は「分かりやすく言うと、例えば普通の人は、雨に降られると嫌だと

思いますが、全ての出来事をあるがままに受け入れたら、甘露の雨に感じる

ことが出来る。その教えの為に甘茶を掛けるのです」と。

お釈迦様に甘茶をかけて、満開の100本の枝垂れ桜に囲まれて、

極楽気分を味わって下さい。善は急げ。

おすすめ記事

  1. 東京で活躍する『静物写真家』新明将太朗さん
  2. 雨の日は、美術館めぐり

関連記事

  1. 磯部神社の藤の花と、水道つつじ公園のつつじ
  2. コロナ禍の法要騒動
  3. レビー小体型認知症
  4. インド ムンバイの旅
  5. 女と男、なぜ分かり合えないのか。
  6. おおかみこどもの花の家
  7. Yahoo Blog 『ぬくーい話』 2017年過去ログ
  8. 富山のシンガーソングライター『真昼野 ゆず子』さん」
PAGE TOP