秋の味覚「柚子とりんご」

関澤       「今日は、この柚子とりんごを食べて欲しくて来ました」

小林アナ「立派な柚子とりんごですね。どこ産ですか?アッ痛い!!」

関澤        「棘が凄いですから気を付けてください。柚子はお隣の物、りんごは

元県職員が丁寧に管理して作られますから、非常に美味しいです。

チョット試食してみて下さい」

小林アナ「これは、富士ですね!ミツも入りとても美味しいです」

関澤        「お隣の柚子の木は、樹齢200年の大木で取るのも大変ですが、

お隣のお爺さんが春に亡くなり、私にお願いされました。

この手をみて下さい!傷だらけですが、約200個ほど取って、

お婆ちゃんに渡すと、手を合わせ涙を流しながら『ありがとう、

ありがとう』と言われ、傷だらけの手の痛みが消える様でした。

これだけ棘が凄いので、熊や猿などの動物の被害は、有りません。

消毒も殆どしないため、安全安心ですが収穫が問題です」(笑)

小林アナ「柚子は、サラダに使ったり、柚子味噌にしたり、他にどんな使い方

有りますか?」

関澤        「お客さんに、柚子を上げると『ありがとう!お袋がよく柚子釜を

作ってくれたなァ』言うので、奧さんに作って貰えばと言うと、

『そんな手の込んだ料理出た事がなく、タイム サービス の半額の

シールの貼った弁当ばかり、包丁と俎板は何十年間も失業です』と

全く料理しない奧さんもいらっしゃるのですね。お母さんが料理

しないと、子供は料理しないデータがあります。

私の友人が、若いお姉さんと愛の逃避行したけど、毎日コンビニ

弁当だったので、いい加減に帰って来ました。

『食は強し、そして裏切らない』

小林アナ「りんご話は?」

関澤        「 今日は時間切れです。食べたい人は当店で売っていますから」(笑)

 

おすすめ記事

  1. 雨の日は、美術館めぐり
  2. 東京で活躍する『静物写真家』新明将太朗さん

関連記事

  1. 美味しい雑草
  2. 東京人が感じた、神秘の泉のような富山県
  3. インド ムンバイの旅
  4. ラグビーワルドカップと外国人の酒
  5. 遅読術
  6. Yahoo Blog 『ぬくーい話』 2016年過去ログ
  7. 奇跡の水月湖の年縞
  8. 富山のシンガーソングライター『真昼野 ゆず子』さん」
PAGE TOP