おやべ元気BOX騒動

5月5日、先週の放送で紹介した『おやべ元気BOX』を、

石動まっちゃプロジェクトが販売して、大変な反響を受けました。

石動まっちゃプロジェクトは、毎年、石動の街中に空き家や空き店舗が増え、

少しでも昔の賑わいを取り戻そうと、NPO法人石動まっちゃプロジェクトが

結成されました。毎年、痛車とアニメコスプレのイベントで、全国から

沢山の参加者を集め、コスプレの街をアピールしたり、

小矢部の特産品を箱詰めにして、贈答用に販売しています。

『おやべ元気BOX』は、新型コレラの影響で大量の返品や、販売不振で

悩んでいる販売業者の商品を集めて安く販売するBOX 。

BOXの商品は、五郎丸屋さんのT五、石畠牧場の牛乳、田中園芸のバラ、

長七製麺のラーメン、白川産業のヒネドリ等、11企業13品目が入り

商品価格は、約4000円相当になり、それを2000円で販売しました。

事前にラジオ、新聞記事、広告チラシ等で紹介された為、5月5日の当日は、

朝11時からドライブスルー方式で販売予定でしたが、9時30分頃から

車の大渋滞の行列が出来、町中に約1000台の車が集まり、

パトカーの出動となり、やむなく10時より販売を開始しました。

しかし、150個用意した『おやべ元気BOX』は、午前11時前に

完売したため、その後次から次へと来る車、車、車。

私は販売担当でしたが、なぜか大通りの交差点で完売御礼の看板を持って

頭を下げて「スイマセン完売しました」

「ええ、11時から販売と書いてあって、どうして完売け!!」

「大渋滞になり警察の指導で、11時前に完売しました」

「遠い所からわざわざ来たのに!!」

「スイマセン、スイマセン」と交差点で四方に向かって後続車に、

頭を下げていました。

次回は、渋滞を避けるため時間指定の整理券を、道の駅小矢部、ばんばさん、

アウトレット小矢部で、5月16日午前10時より渡します。

BOX の中身は、前回の企業と別の11企業12品目が入り約4000円相当

を2000円で 午前10時より『ばんば』さんで300個販売します。

 

 

おすすめ記事

  1. 東京で活躍する『静物写真家』新明将太朗さん
  2. 雨の日は、美術館めぐり

関連記事

  1. 奇跡の水月湖の年縞
  2. チームラボ『永遠の海に浮かぶ無常の花』
  3. ペットの熱中症
  4. 私達は猛暑の中、死を覚悟して働いています。
  5. 東京人が感じた、奥深い富山県
  6. お金ザクザク!日本三大金運神社白山市『金劔宮』
  7. 石川県が生んだ偉大な哲学者2人
  8. ミュージカル映画”CATS”
PAGE TOP