映画『老後の資金がありません!』から学ぼう!

年末恒例の今年の漢字は、オリンピックで日本が27個の金メダルを獲り、

支援金や補助金などで『金』になりました。

そして昨日の15日は、年金受給者が銀行の前に長い行列を作りました。

ある男性は「少ない年金だけが頼りやちゃ。2〜3日前からカップ麺だけ、

暖房温度も下げて厚着して年金を待っていました」

又、ある女性は「年金支給日が近付く2〜3日前から、スーパーのチラシを

並べて安い所を探し、当日は自転車で駆け付けています」と笑います。

そんな人達に、映画『老後の資金がありません』がオススメです。

ストーリーは、家計に無関心な夫、フリーターの娘、大学生の息子と暮らす

平凡な主婦が主人公の映画で、主人公は今絶好調の天海祐希さんです。

主人公の篤子は、憧れのブランドバックも我慢して、夫の給料と自分のパート

のお金をやりくりして老後の資金をためた。老後は2000万円必要と

言われている中なんとか700万円の貯金が出来た。

しかし、舅の葬式代、娘の結婚相手が地方実業家の御曹司での豪華な結婚式

の、費用が折半の負担になり、さらに夫の会社が倒産して退職金も出ず、

自分のパートの突然のクビで節約して貯めた、老後の資金が少なくなる

事が次々と起こる。

その上、夫の母芳乃(草笛光子)が一緒に生活するようになります。

この芳乃が大変な浪費家で、少しは家にお金は入れるが、それの何倍もの

お金を使うため、ますます窮地に立たされます。

そして、自分の生前葬を計画して実行します。後は映画を観て下さい。

私は老後の資金は、何回か放送で紹介しましたが、自分のお金に働いて

もらう事です。日本人は余分なお金はほとんど貯金しますが、利子は限りなく

ゼロに近い物です。そこで、投資信託や配当の良い株式投資をススメます。

今まで貯金しかしなかった人は、いろいろ勉強する必要が出て来ますが、

少しずつ振り分けてトライしてみて下さい。失敗して損失を出す事があるかも

知りませんが、授業料だと思って続ければ、必ず貯金では得られない

リターンがあります。

これから世の中は、インフレになってくると貯金は必ず目減りします。

 

 

おすすめ記事

  1. 雨の日は、美術館めぐり
  2. 東京で活躍する『静物写真家』新明将太朗さん

関連記事

  1. 子供のナゼ?に答える
  2. 今週もスタジオに来ました
  3. 黒文字楊枝の『田中 健志』さん
  4. 白い彼岸花が群生する寺
  5. OYABEお宝マルシェ報告
  6. ラクビーにハマり、追っかけの柏山君がスタジオゲスト
  7. 飲食店のボヤキと補助金
  8. 熱い日は、心太(トコロテン)
PAGE TOP