70歳のパラグライダー

小林アナ「関澤さん、久しぶり!コロナで2月以来のスタジオですね」

中島アナ「関澤さん、久しぶりです!5ヶ月ぶりです」

関澤  「ヤア、久しぶり!5ヶ月ぶりに会っても、お二人共美しい!」(笑)

小林アナ「今日のスタジオゲストを紹介して下さい」

関澤  「70歳のハングライダーの、杉森 貢さんです」

中島アナ「ワア凄い!空高く飛ぶ、パラグライダーですか!私はチョットだけ

経験した事があり、重たいパラを引いて、走って、走って、

フワッと浮いただけでした」

小林アナ「私も経験があります。私は山を走って下る時、コケました。(笑)

杉森さんは、70歳だそうですが、もう長いのですか?」

杉森さん「いやいや、始めたのは4年前です。定年後です」

小林アナ「関澤さんとの付き合いは、長いのですか?」

杉森さん「長いですね、もう40年ぐらいです」

関澤  「腐れ縁です」(笑)

中島アナ「パラを始めるきっかけは?又、どうして飛べるのですか?」

杉森さん「獅子吼高原へ行った時、気持ち良さそうにパラグライダーが、

飛んでいて、自分も飛んでみたいなーと思った。パラは上昇気流をパラに

受けて飛びます。良い気流があれば何時間でも飛ぶ事ができます。

しかし、突然、気流が変われば墜落します。今年は、コレラやら長雨で、

まだ飛んでいません」

小林アナ「何時もはどこで飛んでいるのですか?」

杉森さん「獅子吼高原か縄が池かな」

関澤  「獅子吼高原は、ゴンドラがあるから、降りたらパラを畳んで

ゴンドラに乗れば、又すぐ飛べるから?」

杉森さん「縄が池は、降りたら車に積んで、運転して山を登るので大変です」

小林アナ「一番最初に飛ぶ時は、コーチと一緒に飛ぶのですか?」

杉森さん「最初から一人です。パラグライダーのスクールに入り、

訓練してから飛びます。最初はビビリました。今は気持ち良いです」

小林アナ「関澤さんは、飛ばないのですか?」

関澤  「飛べたら気持ち良いだろうなーと思いますが、自分は足が地面に

着いていないと不安です」(笑)

二人アナ「私達も!」(大笑い)「杉森さん今日はありがとうございました」

 

 

おすすめ記事

  1. 東京で活躍する『静物写真家』新明将太朗さん
  2. 雨の日は、美術館めぐり

関連記事

  1. ラクビーにハマり、追っかけの柏山君がスタジオゲスト
  2. Yahoo Blog 『ぬくーい話』 2016年過去ログ
  3. 遅読術
  4. ペットの熱中症
  5. 変わる水田風景
  6. 誰にも聞けない、ラグビーの疑問
  7. 海へプラスチックを流しているのは、あなたです!
  8. お金ザクザク!日本三大金運神社白山市『金劔宮』
PAGE TOP