「あなたのマスク反対です」

コロナの感染が治まりません。

世界では、約3300万人の感染者と死者100万人です。

そこで今日は、9月29日小矢部商工会で行われた、北陸中央病院

感染管理認定看護師の『荒俣ゆかり』氏の講演報告です。

アナタは、日頃どんなマスクをしていますか?

不織布?フェースシールド?自作の布マスクですか?

不織布マスクが一番効果的で、フェースシールド、布マスクは効果的でない。

その不織布マスクを、上下反対に付けている人が沢山います。

私のマスクも反対だと、荒俣さんに指摘されました。

それは、不織布マスクのシワが、上向きと下向きの事で、

上向きの場合、シワにホコリやウイルスが貯まりやすく、それを吸い込む。

又、不織布マスクの捨てる目安は、1日使うと捨てるのが原則ですが、

勿体ない人は、マスクの表面が毛羽立ってきたら捨て時。

そもそもコロナウイルスの大きさは、0、1マイクロメーターで、

1マイクロメーターは、0、001メートルでちょっとイメージ出来ません。

そこで分かりやすく、髪の毛の1000分の1の大きさです。(これもあまり

イメージ出来ませんが)

このウイルスは、目、鼻、口から侵入します。あなは、1時間に何回くら

顔に触ると思いますか?ナント23回です。

手にウイルスが着いていると大変です!

あなたは、朝、鏡を見てどこか触りませんか?私の奥さんを観察していると、

髪の毛、鼻、口、頬、等いろいろな所を触っています。

顔を触る時は、必ず石鹸で手を洗ってから触る習慣に。

手洗いの効果は、流水すすぎ15秒で100分の1、石鹸もみ洗い10秒、

流水すすぎ15秒で1万分の1、エタノール60%以上で殺菌されます。

手洗いの盲点は、手洗いの終わった後、蛇口のレバーを触って閉める事で、

ペーパータオルを使って閉める。

PCR検査は7割しか発見出来ず、3割はスルーして日常生活を送っています。

自分がいつどこで感染するかも知りませんが、感染しないために、

自分に免疫力をつけるしかありません。

そのためには、バランスの良い食事、ストレスをためない、よく眠る、

小まめな消毒、そして腹の底から笑う事です。

最後に、ダンナがテレワークで、毎日、毎日、朝から晩まで家に居て、

本当にうっとうしいという奥様が、沢山いらっしゃいます。

そんな奥様方の嘆きを川柳にしました『コロナ禍や、旦那いるいる昼夜も』

もう一句『コロナ禍や、三密避けて秘密あり』お後がよろしいようでーー。

 

 

 

 

 

おすすめ記事

  1. 東京で活躍する『静物写真家』新明将太朗さん
  2. 雨の日は、美術館めぐり

関連記事

  1. ラクビーにハマり、追っかけの柏山君がスタジオゲスト
  2. 海へプラスチックを流しているのは、あなたです!
  3. 小牧ダムは、東洋一だった。
  4. 富山のシンガーソングライター『真昼野 ゆず子』さん」
  5. 小矢部市商工会『視察研修会』
  6. ペットの熱中症
  7. 京都祇園「一力亭」女将 杉浦 京子さん
  8. 私達は猛暑の中、死を覚悟して働いています。
PAGE TOP