うれしい悲鳴の閑乗寺公園

今日29日から、いよいよゴールデンウィークが始まりました。

皆さんそれぞれに、計画があると思いますが、コロナ禍の中ムズイかも。

そこで、密にならず外で楽しめる、オートキャンプ場のある閑乗寺公園へ、

取材に行って来ました。

閑乗寺公園は、井波町の後方の小高い丘にあり、全面芝が植えてあり、

昔はファミリースキー場として人気がありました。

管理事務所で予約状況を聞くと、ゴールデンウィーク中は、45区画全て

予約済みでした。指定管理者の閑乗寺そよ風の会の、楠会長は「この

閑乗寺公園は、国土交通省の公園再生事業補助金で整備しました。

しかし、公園は毎日しっかり管理をしないと、すぐに荒れて来ますから

職員一同が『キレイ』をモットーに頑張っています。

昔スキー場だったぐらいですから、斜面もキツイところがありますが、

芝刈り機で何とか刈っています。山の上から岩や石が落ちて来て、

芝刈り機の刃に当たると機械を傷めるので、時々石拾いもします。

イロイロな雑誌で、キレイさと素晴らしいロケーションが紹介されている為

全国からのキャンプ客があり、ゼロという日はありません。

沢山のお客さんがあるという事は、沢山のゴミが出ます。ゴミ箱では足りず

格納庫を作りました」と笑いながら、うれしい悲鳴を上げていました。

高岡から来たキャンプ客は、カマドの上におでん鍋、中華鍋の中には

麻婆トーフがあり、その横にはBBQの肉が焼けていて、5人の若い男達は

実に楽しそうでした。私のお腹はグーグ鳴っていましたが、その音が

聞こえなかったのか、お裾分けは有りませんでした。

しかし、閑乗寺公園の展望台から見る景色は、水田が鏡の様に光り、

その水面に夕陽が当たると、金色の景色に息を呑み、心は満腹になりました。

 

 

おすすめ記事

  1. 雨の日は、美術館めぐり
  2. 東京で活躍する『静物写真家』新明将太朗さん

関連記事

  1. 今、大ブームのマンホールカード
  2. 「白馬村は感染警戒レベル5です」
  3. 飲食店のボヤキと補助金
  4. 彼岸花で地域おこし
  5. インド ムンバイの旅(2)
  6. ミュージカル映画”CATS”
  7. ブルーインパルス富山県初飛行
  8. Yahoo Blog 『ぬくーい話』 2019年過去ログ
PAGE TOP