高齢者の熱中症

お店の76歳のお客さんYさんが、8月15日熱中症で亡くなりました。

Yさんは生涯独身の一人暮らしで、会社の電気のメンテナンスで毎日

数時間出勤していました。

又、週2〜3回五ケ山の道の駅で大量のお土産を、お店のお客さんに

配っていました。

私は昨日、多分五ケ山の道の駅の売店の80代のお婆さん達は、Yさんが

亡くなった事ご存知ないだろうと思い、車を飛ばし知らせに行きました。

売店の看板娘のお婆さんは「えぇぇー亡くなった!!最近見えないし

心配していました。毎回来られると『婆ちゃん元気やったか』と声を

かけていただいて、何時も一万円のお土産を買われるので『そんな何時も

何時も買わんでもいいちゃ』と言うても『なぁ〜んいいちゃ』と言って

大量に買って行かれました」と売店のカウンターで泣かれました。

そして、売店のお婆ちゃんが「これ私のほんの気持ちで、お花代として

上げといて下さい」と預かってきたのでYさん宅へ届けました。

Yさん宅には、弟さんと妹さんと妹の旦那さんが、色々整理されていましたが

五ケ山の道の駅のお婆さんのお花代をお供えして、事情を話すと「それは、

ご苦労さんでした。私達もいつも五ケ山のお土産を沢山もらっていました」

私は「新聞には死因は病気と書いてありましたが、物凄く元気だったし、

本当の死因は何だったのですか?」と聞くと、妹さんが「多分、熱中症では

ないかと思います」と言われたので、一人暮らしの高齢者は自分が気付かない

うちに、熱中症になりやすいので注意点を紹介します。

熱中症で亡くなる方は年間約2000人ですが、そのうち80%が

65才以上の高齢者です。

熱中症になりやすい人は、一人暮らしの高齢者で『昔から扇風機と網戸で

戸を開けっ放しで大丈夫』や『クーラーを使うと身体が調子悪くなる』と

エアコンを適切に使わない人。

また、認知症の人は、暑さに気づきにくく、気温に対して適切な服を身に

着けなかったり、自分で室温をエアコンでコントロール出来ない。

それと、案外盲点が活動的な人。私も含めて活動的な人は、自分は何時も元気

だから大丈夫と過信して対処が遅れる。

熱中症の前兆は、ふらふらする、身体や顔が火照る、身体がだるい、

汗を大量にかいたり、全くかか無かったり、話の辻褄が合わなかったり、

そんな症状が出たら直ぐに、エアコンと水分補給です。

私は、妻に「話の辻褄が合わないのは、熱中症のせいかな?」と聞くと

「あんたは、涼しい時でも話の辻褄が合わないのだから、熱中症ではなく

認知症でしょう」と言われました。

 

 

 

おすすめ記事

  1. 東京で活躍する『静物写真家』新明将太朗さん
  2. 雨の日は、美術館めぐり

関連記事

  1. 小矢部市商工会『視察研修会』
  2. 富山に移住したヨガ教師
  3. OYABEお宝マルシェ報告
  4. 彼岸花の里を目指す、川原さん
  5. 金沢市の紅葉の穴場
  6. おやべ飲食店Take Out ドライブスルー
  7. 炎鵬の小学校時代
  8. 今こそ、所得倍増計画
PAGE TOP