キャンピングカーが大人気!!

熱い日が続いていましたが、雨のおかげでだいぶ涼しくなって来ました。

熱い夜は、寝ゴザで寝ていますが大分冷たく感じるようになりました。

8月7〜8日、キャンピングカーフェスティバルが石川県産業展示館で

開催されていたため取材して来ました。

主催の白山市の氷見さんは「例年は約80台ぐらいのキャンピングカーが

集まりますが、今年はコロナの影響で石川県の指導で台数を減らしました。

最近は、キャンピングカーが大人気で、このイベントに合わせて制作する

業者さんもいて、すでに沢山の売約済みの車もあります。

キャンピングカーは200万円から1500万円が普通ですが、

全て手作りのため、オーナーの希望で作っていくため1億円の車もあります。

売れ筋は、300万円から5〜600万円の軽四のキャンピングカーで、

最近は自然災害が多いため、災害用に買う人もいます。

災害用は、昼はソーラー発電の電気を使い、夜は蓄電池やサブバッテリーで

レンジやテレビや冷蔵庫に使い、長期生活が出来るようになっています」

会場にいた60代の夫婦は「自分達は定年になったら、日本全国を旅行して

まわるのを夢に働いてきましたが、定年になり全国を鉄道で2人でまわろうと

すると、大変高くつく事と我が子の犬がいるため、いろいろ調べた結果

キャンピングカーが一番だと思い来ました。しかし、年金生活ですから

中古の軽四のワゴンタイプが、車検代、高速代、保険代、税金が安く

維持費が安いので買いました」

オーシャンドリームの氷見さんは「イロイロなお客さんがいらっしゃいます。

1000万円かけたキャンピングカーを『この車で全国を2回まわったから

500万円ぐらいで売ってくれと』アッサリと言われる社長さんがいたり、

また、あるキャンプ場へ社員がキャンピングカーで来て

その後、オーナーがヘリコプターで来て2泊すると、またヘリコプターで

帰り、社員はキャンピングカーで帰って行った」

最後に平成2年からキャンピングカーを製作している小矢部のRV北陸の

稲場さんは「長くキャンピングカーを作っていて、最近は本当に沢山の

問い合わせや注文がありますが、何しろ全部手作りですから人手がかかり、

人手不足で非常に困っています」

私は、災害用ではなく字が妻と書く、妻害避難用に一台欲しいと思いました。

 

 

おすすめ記事

  1. 東京で活躍する『静物写真家』新明将太朗さん
  2. 雨の日は、美術館めぐり

関連記事

  1. 金沢市の紅葉の穴場
  2. Yahoo Blog 『ぬくーい話』 2016年過去ログ
  3. 必笑 小咄の作り方
  4. 玉子、たまご、卵
  5. 6才から社交ダンスを続ける 武崎聖恋さん
  6. あなたは餅が好きですか?
  7. 誰にも聞けない、ラグビーの疑問
  8. こんな時こそ、let’s go dance!
PAGE TOP