6才から社交ダンスを続ける 武崎聖恋さん

平島アナ「関澤さん、今日の若い女性のゲストを紹介して下さい」

関澤  「6才から社交ダンスを続けている、武崎聖恋さんです」

平島アナ「どうして関澤さんが、こんな若くて素敵な女性をご存知ですか?」

関澤  「私の妹の紹介です。それよりゲストインタビューお願いします」

武崎さん「武崎聖恋です。6才の時から社交ダンスのレッスンをしています」

平島アナ「ダンス大会には参加されていますか?」

武崎さん「北信越大会や中部大会に参加して、何回も優勝しています」

平島アナ「関澤さんと武崎さんが、コロナ対策で離れて並んでいると、

不思議な風景です。まるでお祖父さんとお孫さんみたいです」(笑)

関澤  「私も今日は幸せです。最近私の周りは高齢者が多く、若い人は

久しぶりです。さっきからワクワクドキドキが止まりません」

平島アナ「武崎さんは、大学生と聞きましたが大学はどうなっていますか?」

武崎さん「コロナ禍で、一年半大学には行っていませんが授業料はシッカリ

払わされています。授業はリモートです」

関澤  「アパートの料金も毎月払っているのですか?」

武崎さん「いつ大学が始まるか分からないので、払い続けています。

親には感謝しています」

平島アナ「リモート授業はどうですか?又、友達と会えなくてどうですか?」

武崎さん「リモートは、集中して授業が出来ず頭に入って来ません。

友達にも会えずつまらないです」

関澤  「大学は授業も大事ですが、キャンパスライフはもっと大切です。

武崎さんの夢はどんな事ですか?」

武崎さん「キャビンアテンダントです」

関澤  「武崎さんは、1年間のニューヨークでの留学経験がありますから

英語は全く問題が無いと思います。それ以外は分かりませんが〜」

平島アナ「来年の北日本放送の女子アナ試験も受けて下さい」

関澤  「平島さんのお墨付きがあれば、合格かも」

平島アナ「イヤイヤ私にはそんな力はありませんが、是非、試験を受けて

下さい」

関澤  「武崎さんが女子アナになったら、私も鼻高々になるなー」(笑)

 

おすすめ記事

  1. 東京で活躍する『静物写真家』新明将太朗さん
  2. 雨の日は、美術館めぐり

関連記事

  1. コロナに負けない「カ」「キ」「ク」「ケ」「コ」
  2. 彼岸花で地域おこし
  3. リンパマッサージ?
  4. 石動駅前にピザとワインの店4月29日オープン
  5. 富山のシンガーソングライター『真昼野 ゆず子』さん」
  6. 彼岸花の里を目指す、川原さん
  7. 玉子、たまご、卵
  8. 東京人が感じた、神秘の泉のような富山県
PAGE TOP