『人魚姫』がいる竜宮淵

熱い日が続きますね。

今日は、32度になるそうです。こんな日にマスクをしていると、

倒れそうになり、口の周りに汗もが出来そうです。

コロナウイルスは、熱と紫外線に弱いといわれていますから、

マスクは、控えめにすべきだ。

ところで、これだけ熱いと水辺が恋しくなりますね。

今日紹介するのは、小矢部、高岡、滝めぐりで小矢部の子撫川を逆昇ります。

国道8号線から宮島方面に入ると、ラブホの様な派手な建物があり、

その横に稲葉山宮島峡県定公園の看板に5個の滝が紹介されています。

一の滝、二の滝は有名ですが、デンマーク、コペンハーゲンの『人魚姫』が

いる竜宮淵まで、足を運ぶ人が少ないのは残念です。

二の滝を過ぎて、上流へ5分程車を走らせると、竜宮淵の看板があり、

歩いて降りて行くと、広い水面に周りの木々の緑が映り、生い茂った木々で

薄暗く、そこに『人魚姫』が岩の上に座っています。

コペンハーゲンの『人魚姫』は、工場の煙突や建物の中に有り、

工場排水や騒音が気になります。竜宮淵の人魚姫は、水も環境も良く幸せ。

人魚姫に別れを告げて、子撫ダムを過ぎて高岡市五位地区に入ると、

五位の『滝の沢』があります。

ここも、一の滝、二の滝、竜宮淵の様に水平岩盤の為、小さなナイアガラと

言われる程、川幅いっぱい約20Mの滝が落ちています。

五位の村人は「実は、岩盤の上にかさ上げのコンクリートを積んで、

用水に流しています。そのおかげで沢山の田んぼが出来ました」

それを聞いてよく滝を見ると、確かにかさ上げがあり、横の用水に流れて

いるのが見えました。

小林さん、中島さん、滝の水しぶきを想像して、少しは涼しくなりましたか?

今日は、水も滴るいい男の関澤がお伝えしました。

最近は、だんだん保水性が無くなりカサカサですが……。(大笑い)

 

おすすめ記事

  1. 東京で活躍する『静物写真家』新明将太朗さん
  2. 雨の日は、美術館めぐり

関連記事

  1. 熱い日は、心太(トコロテン)
  2. ミュージカル映画”CATS”
  3. おやべ飲食店Take Out ドライブスルー
  4. 東京で活躍する『静物写真家』新明将太朗さん
  5. 70歳のパラグライダー
  6. 奇跡の水月湖の年縞
  7. 東京人が感じた、奥深い富山県
  8. 東京人が感じた、神秘の泉のような富山県
PAGE TOP